私達と接続する

Crowdfunding

ペイメントフィンテックバンキングサークルは、即時支払いを提供するためにヨーロッパの企業SIAを選択します

公開済み

on

デジタル経済のためのペイメントバンクであるバンキングサークルが選択しました SIA、決済サービスとインフラストラクチャで確立されたヨーロッパのハイテク企業であり、 CDPエクイティ、ヨーロッパでの即時支払いサービスを導入するために、「ユーロシステムのTARGET即時支払い決済(TIPS)サービスに接続する」。

As 明記 発表中:

「超高速の光ファイバーネットワークインフラストラクチャであるSIAnetのおかげで、Banking Circleを使用すると、ヨーロッパの金融機関や企業は10秒未満で即時支払いを実行でき、現在、最大金額は100,000回の取引あたり24時間年中無休で7ユーロに設定されています。長い間、European Payments Council(EPC)のSEPA Instant CreditTransferスキームに沿っています。」

SIAとのパートナーシップにより、 銀行サークル クライアントは、によって付与された譲歩を利用する 欧州中央銀行 ESMIG(Eurosystem Single Market Infrastructure Gateway)のネットワークサービスプロバイダーとしてSIAとColtに。

発表はさらに次のように述べています。

「TIPSを超えて、SIAnetは、ヨーロッパの金融システムのすべての主要組織が、高額の支払いを決済するためのプラットフォームTARGET2、証券決済プラットフォームTARGET2-Securities(T2S)、Eurosystem Collat​​eral Management System(ECMS)にもアクセスできるようにします。そしておそらく他の新しいサービスやアプリケーション。」

高速、安全、低遅延のネットワークインフラストラクチャSIAnetは、「セキュリティ、信頼性、パフォーマンスの観点から、即時支払いの要件に対応するために開発されており、EBAを含む主要な国内および国際決済プラットフォームへの単一のアクセスチャネルを表しています。クリアリングの汎欧州リアルタイム決済システムRT1。」

マイケル・ボエル、ローカルクリアリングの責任者、バンキングサークル、次のように述べています。

「バンキングサークルは、銀行および決済ビジネスにとって国境を越えた決済をより迅速かつ費用効果の高いものにし、その結果、顧客に提供するサービスを強化しています。 即時支払いはこれの重要な部分であり、SIAとのパートナーシップにより、クラウドソリューションを介してTIPSプラットフォームに接続できることを嬉しく思います。」

Michaelは、SIAのネットワークとクラウド統合オプションを使用する最初の銀行であることが「中央銀行、自動決済機関、決済メカニズムに可能な限り近づくことを約束しているという明確なメッセージを送る」と信じていると付け加えました。

彼はさらに、SIAとのパートナーシップを通じて、バンキングサークルは「クライアントとその顧客に可能な限り低コストで最高レベルの安定性で即時支払いを提供する」と述べました。

クリスティーナアストア、SIAの北西ヨーロッパおよびDACH地域のセールスディレクターは次のように述べています。

「当社のネットワークと市場の主要なパブリッククラウドプロバイダーとの完全な統合のおかげで、新しいデジタル決済サービスはわずか数か月で稼働し、現在および将来のすべてのバンキングサークルの顧客が利用できるようになりました。」

PlatoAi。 Web3の再考。 増幅されたデータインテリジェンス。
アクセスするには、ここをクリックしてください。

出典:https://www.crowdfundinsider.com/2021/07/178253-payments-fintech-banking-circle-chooses-european-firm-sia-to-provide-instant-payments/

Crowdfunding

Fintech FirmNiumがWeavrと提携して新しい組み込みバンキングおよび決済サービスを提供

公開済み

on

Nium and ウィーバー revealed on Monday (September 20, 2021) that they’ve formed a strategic partnership that should make Nium’s BaaS (Banking-as-a-Service) API suite accessible to Weavr’s clients.

世界 バース からのソリューション ニウム should allow them develop, deploy and run embedded banking services. Weavr aims to focus on serving businesses operating in the services industry, who are now able to embed banking solutions into their core apps with ease and without “any prior specialist knowledge of finance and regulations.”

As 言及した in a release, the partnership should help ウィーバー and Nium with expanding their  footprint across Europe and the United Kingdom with digital innovators “responding to the need for more embedded financial services.” Nium offers “the broadest suite of financial and payment services – all accessible through its industry-leading API suite.”

プラジット・ナヌ、Nium の共同創設者兼 CEO は次のように述べています。

“This move supports Nium’s mission to provide a global fintech infrastructure that enables our partners to launch and scale innovative digital financial services. Our BaaS platform capabilities, combined with Weavr’s ability to create a front-facing self-accessed portal, will help end customers navigate the complex world of financial services seamlessly.”

Nium’s BaaS platfom will enable Weavr to access key features of its pay-in capability offering digital accounts for corporate customers consumers in several different currencies, pay-out capability across Nium’s international payments network and cards issuing services across various  markets.

Alex Mifsud, Co-founder and CEO at Weavr, stated:

“We are excited by the scale of the opportunity unlocked through our partnership with Nium – it is a deep synergy between the extraordinarily rich set of banking and payments capabilities that Nium has built, coupled with Weavr’s unique approach to simplifying embedded finance through financial plug-ins for non-financial applications. Together we can support so many digital businesses who want to use embedded finance to shape the future of work, education, health and real estate, but currently find it too complex to do so.”

Additionally, Nium will be enabling Weavr clients to enter other markets and jurisdictions wth ease and tap into additional revenue streams by adding these new features into their self-service platform.

As previously reported, Nium is an embedded Fintech platform offering banks, payment providers, travel companies, and businesses with access to international payment solutions through a single API. Its modular platform offers services for handling pay-outs, pay-ins, card issuance, and BaaS.

After connecting to the Nium platform, companies or businesses have “the ability to pay out in more than 100 currencies to over 190 countries – 85 of which in real time.” Funds can be “received in 33 markets, including Southeast Asia, the UK, Hong Kong, Singapore, Australia, India, and the US.”

Nium’s card issuance services are accessible in 32 countries, including Europe (SEPA), the UK, Australia and Singapore. Central to Nium is its license infrastructure, “built over time in some of the fastest growing economies.” Nium reportedly “owns the broadest licence portfolio, covering 11 of the world’s jurisdictions, enabling seamless global payments and rapid integration, across multiples geographies.”

As covered, Weavr is a Fintech that “enables innovators to easily integrate financial services into their products.” Businesses may use Weavr to issue financial accounts and payment cards for their clients, “empowering them to collect and make payments in the context of digital applications.” These apps, along with the banking services integrated within them, are “shaping the future of work, healthcare, education, real estate, and other services sectors.”

PlatoAi。 Web3の再考。 増幅されたデータインテリジェンス。
アクセスするには、ここをクリックしてください。

Source: https://www.crowdfundinsider.com/2021/09/180623-fintech-firm-nium-teams-up-with-weavr-on-new-embedded-banking-and-payments-service/

続きを読む

Crowdfunding

Etherisc、ブロックチェーンベースの保険プロトタイプを開発するBCCM

公開済み

on

オープンソースの分散型保険プロトコルであるEtherisc、およびエコシステムと ブロックチェーンコンピテンスセンターミットヴァイダ (BCCM) at ミットヴァイダ応用科学大学、本日、ブロックチェーンベースの保険プロトタイプを開発するための共同プロジェクトの立ち上げを発表しました。 このプロジェクトは、分散型自律組織(DAO)を人工知能(AI)および機械学習と組み合わせて活用し、保険の査定と支払いのプロセスを合理化および自動化することにより、従来の保険契約の洗練された代替手段を提供することを目的としています。

コミュニティ支援保険プロジェクトは、慈善目的で保険料を大幅に削減し、地域で利益を分配できる公正で持続可能なモデルを作成することを目的としています。 両当事者は、ブロックチェーンテクノロジーの使用により、透明性と不正防止が確保されると同時に、国境から独立して存在するスケーラブルなソリューションが提供されると述べました。 ユーザーは同時にその開発に参加することもでき、プロジェクトのコミュニティ精神の一部として重要な機能を決定するのに役立ちます。

プロトコルとアーキテクチャの共同創設者であるEtherisc'sは、次のように述べています。 クリストフ・ムッセンブロック 言った。 「従来の保険モデルは、面倒な請求と支払いプロセス、低レベルの透明性、利益相反、および低支払い額を特徴としています。 この企業と学術のパートナーシップを通じて、私たちはまったく新しいブロックチェーン保険プラットフォームの開発を通じてこれらの課題を克服しようとしています。 これは、地域内外の消費者が真に革新的な保険商品や保険から利益を得るという大きな可能性を秘めています。」

EtheriscとMittweidaUniversity of Applied Sciencesは、最初の概念実証とパイロットテストで協力し、その後、本格的な分散型保険ソリューションの最終的なプロトタイプを開発しています。 最終的なプロトタイプには、DAO、AI、機械学習などのテクノロジーとフレームワークが組み込まれ、これらのツールを使用して管理コストを削減し、製品のスケーラビリティを実現し、消費者に透明性を提供します。

DAOを使用すると、主要な製品設計と管理の決定に顧客が直接参加できます。 同時に、このプロジェクトには、請求が発生するリスクを判断するためのAIコンポーネントも含まれており、より適切に設計されたポリシーとより迅速な支払いプロセスを支援します。

「Etheriscは、分散型のオープンソース保険プロトコルを通じて保険を公正かつアクセス可能にするという感動的なビジョンを持っており、共同製品の開発に専門知識を活かすことに興奮しています。」 アンドレアス・イットナー教授、ミットヴァイダ応用科学大学のBCCMの責任者は説明しました。 「Etheriscと協力して、最新の技術開発を取り入れ、ブロックチェーンテクノロジーの可能性を活用して、すべての消費者の利益のために意味のある保険ソリューションを作成する方法を模索しています。」

PlatoAi。 Web3の再考。 増幅されたデータインテリジェンス。
アクセスするには、ここをクリックしてください。

出典:https://www.crowdfundinsider.com/2021/09/180661-etherisc-bccm-to-develop-blockchain-based-insurance-prototype/

続きを読む

Crowdfunding

ファンディングポータルFundifyがローンチし、最初の証券オファリングを一覧表示

公開済み

on

Fundify は、Reg CF(Regulation Crowdfunding)の下で証券を提供するFINRA規制の資金調達ポータルとしての立ち上げを正式に発表しました。

会社のリリースでは、 Josh Chodniewicz、Fundifyの創設者兼CEOは、次のように述べています。

「これは、エクイティクラウドファンディング市場で信じられないほどの時期です。 毎日の投資家がスタートアップに投資できるようになり、創設者はテクノロジーが資金調達にどのように注入されているかを確認し、プロセスを簡素化することで、毎年XNUMX桁の割合で成長しています。」

Fundifyは現在、そのサイトに複数の証券オファリングを掲載しています。 同社は、最初の証券提供は ベビーバリスタ 当初の目標額の300%で正常に終了しました。

Chodniewiczは以前、Walmartに買収されたArt.comとAllposters.comを設立しました。

Fundifyは、成功した発行者のレイズの6%と、1.5%のエクイティを請求します。 オファリングが成功しなかった場合、Fundifyは何も受け取りません。

投資家はわずか10ドルで証券提供に参加することができます。

Fundifyは、証券クラウドファンディングエコシステムの最近の改善から利益を得ることを望んでいます。 2021年5月、証券取引委員会はRegCFの資金調達上限を1.07万ドルからXNUMX万ドルに引き上げました。 より高い制限がより広いグループの企業にとって免税をより実行可能にするので、発行者とプラットフォームの両方からの最初の反応は励みになりました。

PlatoAi。 Web3の再考。 増幅されたデータインテリジェンス。
アクセスするには、ここをクリックしてください。

出典:https://www.crowdfundinsider.com/2021/09/180669-funding-portal-fundify-launches-lists-first-securities-offerings/

続きを読む

Blockchain

DSFR、Mycashbackworldがデジタルキャッシュバックリワードを開発

公開済み

on

堅牢なPolygon(Matic)ネットワーク上に構築されたブロックチェーンベースのエンティティであるDSFRは、eコマースプラットフォームとの新しいパートナーシップを発表しました– Mycashbackworld。 これにより、MycashbackworldはDSFRの暗号通貨支払いシステムとウォレットサービスを活用して、キャッシュバック報酬でユーザーのショッピング体験を向上させることができます。

デジタルスイスフラン (DSFR)はスイスを拠点とする暗号通貨であり、世界中の暗号愛好家がオンラインまたはオフラインで買い物をするときにキャッシュバックとしてDSFRを獲得し、法定通貨、他の暗号通貨、DSFR自体などの複数の支払いオプションで商品を購入できるようにすることを目的としています。 これを達成するために、DSFRは15万人以上の買い物客を抱えるeコマースプラットフォームであるMycashbackworldと提携しています。

DSFRは、myWorldプレミアムパートナープログラムの利点を活用して、ショッピングの通貨のデフォルトの選択と富の創出のための将来の投資になり、それによってDSFR暗号通貨を主流の商取引にもたらします。 Mycashbackworldとの間で、トップのキャッシュバックサービスになる契約を結んでいます。

myWorldの買い物客は、ロイヤルティマーチャントから商品を購入し、その見返りにショッピングポイントとキャッシュバックを受け取ることができます。 キャッシュバック特典を利用するには、Mycashbackworldの公式ウェブサイトに登録してmyWorldカードを受け取る必要があります。 ほとんどのキャッシュバックは購入のXNUMX%を返し、公式WebサイトまたはmyWorldのアプリを介して要求した後、DSFRの買い物客のウォレットに直接転送されます。

DSFRを使用すると、顧客はプリペイドDSFRカードを使用するか、Crypto POS / ATMを小売およびeコマースプラットフォームに統合することで購入代金を支払うことができます。 顧客は割引価格で買い物をすることができ、さらにキャッシュバックの形でデジタルトークンを入手できます。これらのデジタルトークンは、暗号通貨として時間とともに価値が高まり、暗号ウォレットに組み込まれます。 クロスマーチャントの譲渡可能なロイヤルティプログラムにより、パートナーのマーチャントといつでも特典を利用できます。

トークンは、他のデジタル通貨と交換するか、暗号ATMまたはオンライン暗号交換を介して現金化することができます。 小売パートナーは、分析に基づいたロイヤルティプログラムにアクセスし、オンラインキャッシュバックプロバイダーにリンクして、顧客のためにXNUMXか所で取引を収集できます。 DSFRには、買い物客が自分の地域のすべてのオフラインおよびオンラインの取引を表示するワンストップキャッシュバックアプリがあります。

DSFRは、イーサリアム2.0(ポリゴンサイドチェーン)に基づいています。 Polygonサイドチェーンテクノロジーを活用して、強力なセキュリティを提供し、トランザクションの時間とコストを効果的に削減します。 Polygonネットワークは、1,000秒以下の確認時間でXNUMX秒あたり約XNUMXのトランザクションをサポートします。 これは、スケーラビリティ、より高いスループット、相互運用性、および強力なユーザーエクスペリエンスを提供するために開発されたサイドチェーンスケーリングソリューションです。 

両社によると、DSFRトークンに関連するガス料金はイーサリアムの1,000分の2,000であり、速度はXNUMX分のXNUMXです。 オープンソースのブロックチェーンプラットフォームは、dAppへの発展を目指しています。

PlatoAi。 Web3の再考。 増幅されたデータインテリジェンス。
アクセスするには、ここをクリックしてください。

出典:https://www.crowdfundinsider.com/2021/09/180662-dsfr-mycashbackworld-to-develop-digital-cash-back-rewards/

続きを読む
エスポート4日前

Deltaruneのダウンロード方法第2章

エスポート5日前

Deltaruneの第2章の保存ファイルを第XNUMX章に転送する方法

エスポート3日前

NBA2K22無制限のスポットアップとシェフバッジの説明

エスポート4日前

スクエアエニックスがプロデューサーからのファイナルファンタジーXIVレターでエンドウォーカーのタイトル画面を公開

サイバーセキュリティ3日前

KrebsonSecurityは、TTECがランサムウェア攻撃に見舞われたと報告しました

エスポート3日前

クラッシュロワイヤルリーグワールドファイナル2021は、1,020,000月に$ XNUMXの賞金プールで開催されます。

エスポート4日前

ArcSystemWorksは、Guilty GearStriveを唯一の特集タイトルとしてArcRevo2021のスケジュールを発表しました

エスポート3日前

NBA 2K22 Next Genのオールドジムとは何ですか?

エスポート4日前

スクエアエニックスは、プロデューサーからのファイナルファンタジーXIVレターでエンドウォーカーエリアのスニークピークを明らかにします

エスポート10時間前

Valveは、プライベートキュー、短い競争ゲーム、新しいデスマッチモードなどを備えたCS:GO OperationRiptideを明らかにします

エスポート8時間前

これがCS:GOのOperationRiptideスキンのすべてです

エスポート2日前

ポケモンGOのすべてのファッションウィーク時限調査、あなたの声を見つける特別調査、およびイベント限定のフィールド調査タスクと報酬

IOT4日前

IoTがeコマース業界のいくつかの分野にどのように革命をもたらしたか

エスポート5日前

G2はKeloqzからのモンスタージェットパフォーマンスでKRÜEsportsを排除し、VCTマスターズベルリンの準決勝に進みます

AR / VR3日前

VRジョブハブ:First Contact Entertainment、SyncVR Medical、University of Westminster

エスポート3日前

Karmine Corp.は、逆スイープとFnatic Risingを回避し、EUマスターズチャンピオンシップを連続して獲得した最初のチームとして記録を樹立しました。

エスポート3日前

GambitEsportsがVCTマスターズベルリングランドファイナルでEnvyを3-0で破る

スタートアップ4日前

高等教育があなたのキャリアを前進させるのを助けることができる6つの方法

エスポート4日前

RespawnはEmergenceのランク付けされたスプリット22を拡張し、Apexの接続の問題はXNUMX月XNUMX日まで続く可能性があると述べています

スタートアップ4日前

新興企業がすべき戦略的動き

トレンド