私達と接続する

航空産業

パイロットなしのテスト飛行のためにアトラス5ロケットに搭載されたボーイングクルーカプセル

公開済み

on

ボーイングの5番目のスターライナークルーフェリー宇宙船は、30年に問題を抱えたパイロットなしのテスト飛行のやり直しで2019月XNUMX日に打ち上げられるユナイテッドローンチアライアンスアトラスXNUMXロケットの上に搭載するためにNASAのケネディ宇宙センターで土曜日の初めに工場から展開されました。

宇宙飛行士を飛ばすためにまだ許可されていない有人宇宙船は、土曜日の夜明け前にNASAの車両組立棟近くのボーイングの商業乗務員輸送施設から出現し、宇宙船輸送機に乗ってULAの垂直統合施設まで数マイルの旅をしました。近くのケープカナベラル宇宙軍基地。

ULAの地上要員は、VIFの天井クレーン用に5点吊り上げスリングを取り付けて、垂直格納庫内の移動式発射台にすでに積み上げられていたアトラスXNUMXロケットの上にスターライナー宇宙船を吊り上げました。

チームは週末に宇宙船をアトラス5ロケットに取り付ける作業を完了し、統合システムテスト、つまりビークル全体の「チップツーテール」チェックアウトの準備を整えました。

ボーイングは、2019年XNUMX月に同社の最初のスターライナーデモンストレーションミッションをやり直した、スターライナー宇宙船のXNUMX回目のパイロットなし軌道テスト飛行に向けて準備を進めています。ソフトウェアの問題により、宇宙船はそのミッションで国際宇宙ステーションとドッキングできず、時期尚早でしたが、ニューメキシコでのカプセルの着陸に成功。

スターライナー宇宙船は、NASAとの契約に基づいて開発されました。NASAは、乗組員が評価した宇宙船を設計、製造、テストするために、ボーイングと5億ドルを超える一連の契約を締結しました。

軌道飛行試験2と呼ばれる次のミッションが計画どおりに進むと仮定すると、NASAはボーイングをクリアして、今年後半または2022年初頭にクルー飛行テストを開始します。このミッションでは、ボーイングの前の最終検証飛行でXNUMX人の宇宙飛行士を低地球軌道に運びます。 XNUMXつの再利用可能なスターライナーカプセルは、宇宙ステーションとの間で定期的な乗組員のローテーションを開始します。

ボーイングのクルーカプセルを使用したクルーローテーションサービスの開始により、NASAは国際宇宙ステーションに宇宙飛行士を飛ばすことができる2011台の米国製車両と、2020年からXNUMX年まで宇宙ステーションのクルーを輸送する唯一の船であったロシアのソユーズカプセルを提供します。

SpaceXの商用クルードラゴンカプセルは、2020年XNUMX月に初めて宇宙飛行士を宇宙ステーションに飛ばしました。

ボーイングは2020年に搭乗員飛行試験を開始しようとしているように見えましたが、ボーイングとNASAの関係者は、2019年の実証飛行がすべての目的を達成できなかったため、パイロットなしの試験ミッションを飛行することに同意しました。

NASAとボーイングの合同レビューチームは、ソフトウェアテストを強化し、シミュレーションとプロセスを更新し、乗組員モジュールの通信システムを改善し、組織を変更するための80の推奨事項を発行しました。 ボーイングは、Starlinerチームが、ソフトウェアコードの変更や、より厳密なテストの実行など、80の推奨事項すべてを終了したと述べています。

NASAとボーイングの関係者は木曜日にフライトレディネスレビューを招集し、スターライナーの打ち上げを正式にクリアする予定です。 27月XNUMX日の打ち上げ準備レビューは、マネージャーが打ち上げ準備の状況について話し合うための別の機会を提供します。

高さ172フィート(52メートル)のアトラス5ロケットとスターライナー宇宙船が41月28日にケープカナベラル宇宙軍基地のパッドXNUMXに展開されます。

30月5日金曜日の打ち上げカウントダウンは夜明け前に始まります。 ULAの打ち上げチームは、東部標準時午後2時53分(グリニッジ標準時1853年)に設定されたリフトオフに先立って、アトラスXNUMXロケットへの液体推進剤の搭載を監督します。

ロケットのセントール上段は打ち上げ後約15分でスターライナー宇宙船を配備し、カプセルは独自の操縦ロケットを使用して安定した軌道に到達し、国際宇宙ステーションへの飛行を開始します。

30月3日の定刻の打ち上げを想定すると、スターライナーは06月1906日土曜日の午後31時XNUMX分EDT(XNUMX GMT)にステーションと自動的にドッキングするようにスケジュールされています。

スターライナー宇宙船は30月5日に打ち上げられ、暫定的にステーションからドッキング解除され、XNUMX月XNUMX日にパラシュートで着陸する予定です。その日、主要な着陸帯はニューメキシコ州のホワイトスタンドになります。

お使いのメールアドレス 著者。

TwitterでStephenClarkをフォローしてください。 @ StephenClark1.

PlatoAi。 Web3の再考。 増幅されたデータインテリジェンス。
アクセスするには、ここをクリックしてください。

ソース:https://spaceflightnow.com/2021/07/19/boeing-crew-capsule-mounted-on-atlas-5-rocket-for-unpiloted-test-flight/

航空産業

宇宙戦争を計画している米国の将軍は、ほとんど避けられないと考えています

公開済み

on

A ship in the Pacific Ocean carrying a high-power laser takes aim at a U.S. spy satellite, blinding its sensors and denying the United States critical eyes in the sky.

This is one scenario that military officials and civilian leaders fear could lead to escalation and wider conflict as rival nations like China and Russia step up development and deployments of anti-satellite weapons.

If a satellite came under attack, depending on the circumstances, “the appropriate measures can be taken,” said Lt. Gen. John Shaw, deputy commander of U.S. Space Command.

Lt. Gen. John Shaw, deputy commander of U.S. Space Command. Credit: Tom Kimmell Photography

The space battlefield is not science fiction and anti-satellite weapons are going to be a reality in future armed conflicts, Shaw said at the recent 36th Space Symposium in Colorado Springs.

U.S. Space Command is responsible for military operations in the space domain, which starts at the Kármán line, some 100 kilometers (62 miles) above the Earth’s surface. This puts Space Command in charge of protecting U.S. satellites from attacks and figuring out how to respond if hostile acts do occur.

Military space assets like satellites and ground systems typically have been considered “support” equipment that provide valuable services such as communications, navigation data and early warning of missile launches. But as the Pentagon has grown increasingly dependent on space, satellites are becoming strategic assets and coveted targets for adversaries.

“It is impossible to overstate the importance of space-based systems to national security,” Air Force Secretary Frank Kendall said in a keynote speech at the symposium.

Shaw noted that Gen. John Hyten, the vice chairman of the Joint Chiefs of Staff, “likes to talk about satellites as being ‘big fat juicy targets.’”

“I agree with that,” said Shaw. “But how do we change that? How do we make it more difficult for a potential adversary to think they could succeed in depriving us of our space capabilities?”

Those questions are now being debated as Space Command develops what Shaw describes as “space warfighting doctrine.” A laser blinding a satellite is just an example of the types of attacks the U.S. has to prepare for, said Shaw. If that happened, the Defense Department would have to decide how to respond to that threat. Conceivably, naval or aerial forces would be called upon to take retaliatory action.

“[W]e are only starting to grapple with… what space warfighting really means,” Shaw said.

U.S. in a ‘long-term strategic competition’

A competition for space dominance between the United States and rival powers China and Russia prompted the Trump administration and Congress in 2019 to re-establish U.S. Space Command — which had been deactivated since 2002 — and create the U.S. Space Force as an independent service branch.

Kendall, who was sworn in late July as the civilian leader of the Air Force and the Space Force, said the United States is in a “long-term strategic competition” with China. The implications for space are significant, he said, as “China has moved aggressively to weaponize space.”

The Space Force will invest in new capabilities to deter and win if deterrence fails, Kendall said. Any type of escalation can result in miscalculations and human errors which is why a space war is a “conflict that no one wants,” he said.

The U.S. military’s space weapons that presumably would deter China from firing the first shot against a satellite are classified. In a rare disclosure, the Space Force last year said it deployed an advanced ground-based communications jammer made by L3Harris that could be used as an “offensive weapon” to disrupt enemies’ satellite transmissions.

Chris Kubasik, L3Harris vice chairman and CEO, said there should be more awareness of the risks of an attack against a satellite precipitating a broader conflict.

“I think it’s the biggest threat facing our nation,” Kubasik said at the Space Symposium. A war in space would be “detrimental to society” because satellites play such a central role in everyday life for most people. “If you think of the impact of a war in space and how it impacts something as simple as our cellphones, navigation, supply chain, logistics, healthcare. I think it is a serious issue. And I think we have to continue to talk about it.”

Public awareness and education about the nation’s dependence on space are needed to help DoD “get the funding to make sure that we deter or defeat our adversaries in space,” he said.

Unlike conflicts on Earth, a space war is not easy to visualize. “I call it an invisible war with invisible hardware that people can’t see, it’s a little different than being here on the ground,” said Kubasik.

Travis Langster, vice president and general manager of Comspoc. Credit: Tom Kimmell Photography

First shot could be against satcom

The military’s reliance on commercial satellites for communications makes these systems one of the most likely targets of enemy jammers and cyber disruptions, said Travis Langster, vice president and general manager of Comspoc, a company that monitors space traffic and tracks orbital activities.

“Given the plethora of commercial space, based on the observations and activities we’ve seen at Comspoc, the target of that first shot is likely to be a commercial satellite,” Langster said during a Space Symposium panel discussion. By launching an electronic or cyberattack against a commercial satellite that is used by DoD for military operations, an enemy would be “trying to send a very specific message” that it does not draw a line between commercial and military space assets.

The most likely scenario is a “reversible attack,” meaning some temporary loss of a space-based service, said Langster. “In this day and age, the first shot will likely be a cyberattack.”

Carey Smith, CEO of defense and cybersecurity contractor Parsons, said space-based networks already are under attack.

“Jamming is occurring today; there’s obviously cyber attacks that are occurring across the infrastructure,” she said. And there have been many documented attempts to interfere with communications signals in war zones where U.S. forces operate.

Carey Smith, CEO of defense and cybersecurity contractor Parsons. Credit: Tom Kimmell Photography

But the question is whether these activities will escalate and lead to broader conflict. “I think the path to war in space is really based upon a space arms race, and we’ve been fortunate that we’ve been able to delay it up until this point, but it is perhaps imminent,” she added.

A key reason why the space race is accelerating is that technology is advancing so rapidly, Smith said. A second reason is the absence of “binding commitments on what the operating norms are going to be in space,” she said. “And without that, we’re very likely to have a space war.”

The only foundation of international space law that currently exists, the 1967 Outer Space Treaty, is outdated and doesn’t address most space security issues that could set off a war, Smith noted.

The treaty bans the stationing of weapons of mass destruction in outer space, prohibits military activities on celestial bodies and contains legally binding rules governing the peaceful exploration and use of space. But a new set of rules is needed for the current space age, Smith said. “We really haven’t addressed some of the very difficult questions. Can a nation tailgate another nation’s satellite? Is preemptive self defense going to be permissible? Are we going to ban any form of weapons in space?”

Frank Backes, senior vice president of space and defense contractor Kratos, echoed that sentiment.

“We’ve seen very intentional interference within regional conflicts to take military systems offline,” he said. Of particular concern to the Pentagon are disruptions to satellite communications networks that are used to operate unmanned surveillance aircraft. Drones rely on GPS and satellite communications systems to track and strike targets.

“Those types of reversible effects have already entered into the space layer, but I agree with Carrie Smith. It is the space race that is turning space into a warfighting domain,” said Backes. “What that looks like going forward definitely could be devastating to our commercial and international use of space.”

DoD wants resilient space architecture

Experts point out that there are increasingly more ways to permanently or temporarily damage satellites so it would be virtually impossible for DoD to defend against a multitude of weapons.

China and Russia, for example, have direct-ascent weapons that are launched on a sub-orbital trajectory to strike a satellite in orbit. They also have co-orbital weapons that are placed into orbit and then later maneuvered toward their intended target.

Additionally, China and Russia are deploying non-kinetic space weapons, according to the Center for Strategic and International Studies. These include lasers that can be used to temporarily dazzle or permanently blind sensors on satellites, and jamming devices that interfere with the communications to or from satellites by generating noise in the same radio frequencies.

In the face of these threats, the United States aims to make space networks more resilient by using a diversity of satellites in different orbits,complicating an adversary’s ability to launch an effective attack.

Kendall said resiliency “isn’t just about the individual satellite, it’s about the architecture.”

DoD’s Space Development Agency is looking to demonstrate what it hopes will be a more resilient space architecture. The agency is working to deploy a proliferated constellation of small satellites in low Earth orbit as an alternative to the traditional large, expensive spacecraft that DoD has traditionally flown in higher orbits but much smaller numbers.

“We’re getting away from ‘juicy targets’,” said SDA Director Derek Tournear. The idea of a proliferated architecture is to have enough satellites in orbit that “we can handle some attrition.”

This article originally appeared in the September 2021 issue of SpaceNews magazine.


PlatoAi。 Web3の再考。 増幅されたデータインテリジェンス。
アクセスするには、ここをクリックしてください。

Source: https://spacenews.com/u-s-generals-planning-for-a-space-war-they-see-as-all-but-inevitable/

続きを読む

航空産業

神舟12号の宇宙飛行士が3か月の宇宙ステーションミッションの後に地球に戻る

公開済み

on

ヘルシンキ— 17人の中国人宇宙飛行士が、天和宇宙ステーションモジュールに乗った最初の有人ミッションを完了した後、XNUMX月XNUMX日に無事に地球に帰還しました。

聶海勝司令官、劉伯明、湯洪波は、内モンゴル自治区のゴビ砂漠にある東風近くの指定された着陸帯の内側で、金曜日の午前1時34分頃に着陸しました。

メインの1,200平方メートルのパラシュートは、地上約10 kmで開き、遮熱板は約5.5km上に投棄されました。 着陸は、週の初めに発行された空域閉鎖通知によって示された時間とエリア内に発生しました。 地上捜索救助チームは、接地後、カプセルをすばやく見つけて固定しました。 

北京航天飛行制御センターは、神舟12号を「完全な成功」と宣言しました。

水曜日に神舟12号のXNUMX人の宇宙飛行士が 90日間の滞在を完了しました 中国の建設中の宇宙ステーションのコアモジュールに搭載。 Tianheモジュールから分離されたShenzhou-12宇宙船は、Tianheの周回航海と放射状ランデブーテストを実行しました。 チャイナスペースニュースは、神舟12号が天和から19メートル近くに接近したと報じました。

神舟12号には、天和に搭載された再生生命維持システムの検証、将来のミッションのための機器の設置、多数が含まれていました 実験、アウトリーチ、 地球の画像 影響により XNUMXつの船外活動.

ミッションはまた、神舟92号の33日を超えて、11日とXNUMX時間強の新しい全国有人宇宙飛行期間の記録を打ち立てました。 

世界 着陸 九泉衛星打ち上げセンター付近の新しい指定エリアで行われました。 以前の着陸は、内モンゴル自治区のシジワンの草原で発生しました。 変化の要因には、シジワン周辺の人口密度の増加、および中国の宇宙飛行任務の期間が増加するにつれて宇宙飛行士の回復のために最適化する必要性が含まれます。

このミッションは、中国の11モジュール、66メートルトンの宇宙ステーションを建設、供給、居住する予定のXNUMXのミッションのXNUMX番目でした。

Tianheコアモジュール 打ち上げ 381月に、384つの宇宙ステーションモジュールの最初のものです。 現在、41度傾斜した2 x12キロメートルの軌道にあります。 XNUMX月に打ち上げられた天舟XNUMX号の無人宇宙補給機は、神舟XNUMX号に先立って、物資、EVAスーツ、実験、推進剤を天舟に届けます。

Tianheは、12月17日から15月XNUMX日まで、神舟XNUMX号のXNUMX人の宇宙飛行士、聶海勝、劉伯明、湯洪波を迎えました。 

Tianzhou-2は間もなく、Tianhe後部ポートからドッキング解除し、前部ドッキングポートとドッキングし、微小重力推進剤の移動をテストします。 その後、天舟2号は南太平洋上で軌道を外されます。 

天舟3号は、20月XNUMX日頃に文昌から打ち上げられる準備が整っています。 第7回長征XNUMX号の展開 ロケット16月13日。神舟2号のXNUMX人の宇宙飛行士の天和をXNUMXか月間訪問するための物資やその他の機器を提供します。 後者のミッションは、XNUMX月初旬に長征XNUMX号Fに酒泉から打ち上げられます。

非公式の予測では、神舟13号は2022年4月から14月まで実行されます。天舟2022号の補給任務は、約5か月後に続き、15年2022月に神舟XNUMX号が続きます。XNUMXつの実験モジュール、ウェンティアンとメンティアンはXNUMX月からXNUMX月に打ち上げられます。それぞれXNUMX月からXNUMX月。 最後に、天舟-XNUMXはXNUMX年XNUMX月の神舟-XNUMXに備えてXNUMX月に打ち上げられ、建設段階が完了します。


PlatoAi。 Web3の再考。 増幅されたデータインテリジェンス。
アクセスするには、ここをクリックしてください。

出典:https://spacenews.com/shenzhou-12-astronauts-return-to-earth-after-3-month-space-station-mission/

続きを読む

航空産業

神舟12号の宇宙飛行士が3か月の宇宙ステーションミッションの後に地球に戻る

公開済み

on

ヘルシンキ— 17人の中国人宇宙飛行士が、天和宇宙ステーションモジュールに乗った最初の有人ミッションを完了した後、XNUMX月XNUMX日に無事に地球に帰還しました。

聶海勝司令官、劉伯明、湯洪波は、内モンゴル自治区のゴビ砂漠にある東風近くの指定された着陸帯の内側で、金曜日の午前1時34分頃に着陸しました。

メインの1,200平方メートルのパラシュートは、地上約10 kmで開き、遮熱板は約5.5km上に投棄されました。 着陸は、週の初めに発行された空域閉鎖通知によって示された時間とエリア内に発生しました。 地上捜索救助チームは、接地後、カプセルをすばやく見つけて固定しました。 

北京航天飛行制御センターは、神舟12号を「完全な成功」と宣言しました。

水曜日に神舟12号のXNUMX人の宇宙飛行士が 90日間の滞在を完了しました 中国の建設中の宇宙ステーションのコアモジュールに搭載。 Tianheモジュールから分離されたShenzhou-12宇宙船は、Tianheの周回航海と放射状ランデブーテストを実行しました。 チャイナスペースニュースは、神舟12号が天和から19メートル近くに接近したと報じました。

神舟12号には、天和に搭載された再生生命維持システムの検証、将来のミッションのための機器の設置、多数が含まれていました 実験、アウトリーチ、 地球の画像 影響により XNUMXつの船外活動.

ミッションはまた、神舟92号の33日を超えて、11日とXNUMX時間強の新しい全国有人宇宙飛行期間の記録を打ち立てました。 

世界 着陸 九泉衛星打ち上げセンター付近の新しい指定エリアで行われました。 以前の着陸は、内モンゴル自治区のシジワンの草原で発生しました。 変化の要因には、シジワン周辺の人口密度の増加、および中国の宇宙飛行任務の期間が増加するにつれて宇宙飛行士の回復のために最適化する必要性が含まれます。

このミッションは、中国の11モジュール、66メートルトンの宇宙ステーションを建設、供給、居住する予定のXNUMXのミッションのXNUMX番目でした。

Tianheコアモジュール 打ち上げ 381月に、384つの宇宙ステーションモジュールの最初のものです。 現在、41度傾斜した2 x12キロメートルの軌道にあります。 XNUMX月に打ち上げられた天舟XNUMX号の無人宇宙補給機は、神舟XNUMX号に先立って、物資、EVAスーツ、実験、推進剤を天舟に届けます。

Tianheは、12月17日から15月XNUMX日まで、神舟XNUMX号のXNUMX人の宇宙飛行士、聶海勝、劉伯明、湯洪波を迎えました。 

Tianzhou-2は間もなく、Tianhe後部ポートからドッキング解除し、前部ドッキングポートとドッキングし、微小重力推進剤の移動をテストします。 その後、天舟2号は南太平洋上で軌道を外されます。 

天舟3号は、20月XNUMX日頃に文昌から打ち上げられる準備が整っています。 第7回長征XNUMX号の展開 ロケット16月13日。神舟2号のXNUMX人の宇宙飛行士の天和をXNUMXか月間訪問するための物資やその他の機器を提供します。 後者のミッションは、XNUMX月初旬に長征XNUMX号Fに酒泉から打ち上げられます。

非公式の予測では、神舟13号は2022年4月から14月まで実行されます。天舟2022号の補給任務は、約5か月後に続き、15年2022月に神舟XNUMX号が続きます。XNUMXつの実験モジュール、ウェンティアンとメンティアンはXNUMX月からXNUMX月に打ち上げられます。それぞれXNUMX月からXNUMX月。 最後に、天舟-XNUMXはXNUMX年XNUMX月の神舟-XNUMXに備えてXNUMX月に打ち上げられ、建設段階が完了します。


PlatoAi。 Web3の再考。 増幅されたデータインテリジェンス。
アクセスするには、ここをクリックしてください。

出典:https://spacenews.com/shenzhou-12-astronauts-return-to-earth-after-3-month-space-station-mission/

続きを読む

航空産業

ライブ報道:中国の宇宙飛行士が地球に戻る

公開済み

on

天宮号宇宙ステーションへの12か月の遠征である、中国の神舟XNUMX号ミッションのライブ中継。 テキストの更新は下に自動的に表示されます。 フォローしてください ツイッター.

CGTN着陸ウェブキャスト

PlatoAi。 Web3の再考。 増幅されたデータインテリジェンス。
アクセスするには、ここをクリックしてください。

出典:https://spaceflightnow.com/2021/09/17/shenzhou-12-landing-mission-status-center/

続きを読む
エスポート5日前

NBA 2K22 MyCareer:靴の取引を取得する方法

Crowdfunding3日前

ConisterBankはTimeFinanceにより多くを貸します

エスポート4日前

Fortnite第2章、シーズン8で武器を作成する方法

エスポート4日前

Fortniteで横向きの出会いを完了する方法

航空産業 5日前

次のヴァージンギャラクティック飛行を遅らせる潜在的なコンポーネントの欠陥

エスポート3日前

NBA 2K22ライトニンググリーンアニメーション:主張する方法

エスポート5日前

Na'Viがバイタリティに対して14マップスリラーでESLプロリーグシーズン1に勝利し、XNUMX万ドルのインテルグランドスラムを完了

ウクライナ
エスポート5日前

s1mpleはEPLの勝利でXNUMX年連続のMVPを主張

エスポート5日前

NBA2K22で最高のダンカー

航空産業 4日前

写真:SpaceXロケットがInspiration4ミッションの発射台に到着

HRTech4日前

アマゾンは最前線のスタッフのための教育的利益を開始します

エスポート5日前

AVEとTraskoがCISIEMFallオープン予選から勝利を収めました

ビッグデータ5日前

中国がAntのAlipayを解散し、個別のローンアプリの作成を強制する– FT

エスポート5日前

インペリアルラウンドIEMフォールSAクローズド予選チームリスト

HRTech4日前

クロンプトンが「言語の力」をどのように使用して、エンゲージメントの高い文化を創造しているか

クリーンテック5日前

ニューオーリンズのレストランにソーラーバッテリーとテスラバッテリーを持ち込んで「点灯し続ける」方法とその支援方法

HRTech4日前

自己との競争

エスポート5日前

バトルフィールド2042のすべてのマップ

クリーンテック5日前

テスラモデルSの格子縞は完全に水中に沈むことができますか? (ビデオ)

航空産業 5日前

SpaceXロケットがInspiration39の打ち上げのためにパッド4Aに展開

トレンド